筋トレを行う人の食事の注意点

筋トレを行う人の食事の注意点

筋トレの効果をアップさせるためには食事管理も大切です。食事をおろそかにしていると、筋トレをしても筋肉がつかないだけでなく、体調不良を招く恐れもあります。

 

では、どのような食事をしたらいいのでしょうか。

 

筋肉を維持するためにはエネルギーが必要です。

 

筋肉が多ければ消費するエネルギーが多いので、その分エネルギーを確保しなければなりません。

 

エネルギーが不足すると、筋肉を維持でないと体が判断して筋肉が減少します。

 

筋肉を減らしてエネルギー消費を抑え、体を維持しようとするのです。

 

このような事態を避けるためには、十分なカロリー摂取が必要です。

 

しかしただカロリーを摂るのではなく、栄養バランスに気をつけて消化によいものを食べるようにします。

 

筋肉をつけるにはタンパク質が必要です。

 

食べたタンパク質を分解できないと吸収して利用することができないので、低脂肪・高タンパクな食品を選ぶようにしましょう。

 

白身魚、カッテージチーズ、大豆製品などは、低脂肪・高タンパクな食べものです。

 

食事だけでタンパク質を補えないときは、プロテインを飲むこともよいでしょう。

 

足りない栄養素やカロリーは間食で補います。

 

間食は不足する分を補うものと考えて、お菓子ではなくてゆで卵、チーズ、ナッツ、ヨーグルトなど栄養があるものを食べましょう。