街中の階段を筋トレの場とする思考

街中の階段を筋トレの場とする思考

日常的に筋トレを意識していると、自宅や外出先の街並みですらも、トレーニング施設と同様に発想することが可能になってきます。

 

街を歩いていて急な石階段を見かけることがあります。

 

階段を登った先には見知らぬ高台の街があったり、この地にむかしから鎮座する神社があったりします。

 

この急な階段を登ったら、大腿四頭筋や大腿二頭筋の良いトレーニングになりそうだなんて考えると、どうしても登りたい欲求が高まってくるでしょう。

 

筋トレ好きの人は、ついつい階段を高速で登り始めてしまうに違いありません。

 

一度味をしめたら、いっそのこと街の中の階段の場所を全てチェックしてみましょう。

 

丘陵や谷間が多い街の中では、階段はそこかしこに存在しています。

 

そして実は、起伏のすくない平野部の街のなかであっても、駅の階段、国道の歩道橋、会社の階段など、あちこちに大腿四頭筋などの筋トレ可能な階段を見つけることができます。

 

階段を巡る散歩コースを作ってみるというのも良いでしょう。

 

日常のあらゆるものを筋トレの場所として捉えることで、違った世界観が見えてくることにもなります。

 

階段というのは自然を活かした筋トレの道ですから、これを機会に注目してみてください。